運気の良い家にするために行うべきこととは

旺気とさっ気の2種類の気は玄関から入ってくる

風水で必要とされている

もとより風水は、古代中国の主義に基づき環境学として発展してきました。
水脈や地脈などの、様々な自然界の流れを読み取って、エネルギー値が高いところに都やお城を作ることにより、時の権力者が財や富を得てきたのでしょう。
つまり、歴史の文脈に基づきしっかりとした論理のもとに成り立っている学問です。
時代の流れに伴い、個人の水準まで落とし込んでいったのが、今の風水でしょう。
気の流れを抑えて、自分の回りの環境を整えることにより、様々な運気を上昇させることができるでしょう。
衣・食・住などは、様々な方法により環境を整えることができるそうです。
中でも、コロナ禍において多くの時間を過ごす「住まい」は大きな要になっています。
風水で大切とされていることは、良い気をどれだけ取り込むかということでしょう。
そのためには、お掃除や片付けをしっかり行い、気をスムーズにすることや空間を清潔に保つということが先決でしょう。

いち早く効果を実感することができる

清潔な空間には良い気が宿り、反して汚れている空間には悪い気が滞るでしょう。
お掃除をすることにより、気持ちがスッキリするのは、空間は人の心理状態を表しているためなのです。
ですから、ストレスを感じていたり、運気が落ちていると思った際には、お掃除をして気の流れを変えることで、良い波動を引き寄せることが可能です。
また玄関やリビングなど、空間により風水的な役割が違い、呼び込める運気も変わってくるため、現在一番気になっている所から取りかかると、いち早く効果を実感することができるでしょう。
お掃除や片付けなら、間取りや方位を気にすることなく、すぐに取り組むことが可能でしょう。
そのうえで、ラッキーアイテムなどで補うことにより、さらなる開運アップが期待できます。
新生活の時期だから、お掃除や片付けを習慣づけて、どんどん幸運を引き寄せましょう。


この
記事を
シェア

TOPへ